下水汚泥を炭化燃料に【水質浄化センター】

2010年3月26日 2:13 AM

旧焼却炉跡地に新設する

 前橋市は13年度までに、六供町の水質浄化センター内に、総工費30億円をかけて下水の汚泥を資源化する炭化処理施設を建設する。同施設を導入するのは県内の下水処理施設で初めて。炭化された汚泥は

続きを読む場合はログインしてください。

ログインの詳細についてはこちらから

会員ログイン

ページトップへ戻る