来春、週休2日制導入へ【南雲建設】

2018年11月23日 12:00 PM

ICTの油圧ショベルを使って施工する様子


 土木工事などを手掛ける南雲建設(渋川市赤城町溝呂木、南雲和好社長)は、ICT技術を活用して建設業の生産性を向上させる「アイ・コンストラクション」を推進している。ICT建機を積極的に導入し、現在6台を所有、さまざまな現場で活用している。生産性が高まってきたため、19年4月からは週休2日制度を取り入れる予定だ。
 同社は85年創業。従業員は29人。コンクリート構造物工事(ボックスカルバート、護岸工事)、造成工事(農地造成、宅地造成)、橋梁(きょうりょう)工事などを得意としている。
 ICT建機の導入は現場の・・・続きはこちらから

続きを読む場合はログインしてください。

ログインの詳細についてはこちらから

会員ログイン

ページトップへ戻る