質と量

2018年11月1日 9:00 AM

 大抵のクラシックファンはモーツァルトやベートーベンの作品(例えば「魔笛」や「交響曲5番運命」など)を作曲家本人よりも数多く聞いている。
 そう言うと不思議がる人も多いと思う。その理由は録音再生装置の有無である。私たちはレコードやCDで彼らの作品を何十回となく聞くことが可能だ。しかし、当時の演奏はすべて「生」である。何十人もの演奏家を集めての演奏など、そう何回もできるものではない。しかし、聞く機会が少ない分、・・・続きはこちらから

続きを読む場合はログインしてください。

ログインの詳細についてはこちらから

会員ログイン

ページトップへ戻る