ギフト向けにパッケージ刷新【ベジタル】

2018年11月3日 10:00 AM

デザイン性を高め、味が分かるパッケージとした


 妊婦向けスープ「マタニティスープ」の製造、販売を手掛けるベジタル(前橋市千代田町、宮川修一社長)は10月7日、マタニティギフト用に同スープのパッケージを刷新し、発売した。これまでは、妊婦をターゲットとしていたが、家族や友人からの贈答需要が高いことから、リニューアルすることにした。今後、他社の関連商品を組み合わせた、妊婦向けのギフトセットとしての展開も視野に入れている。
 同社は15年設立。宮川代表が妻の妊娠をきっかけに妊婦向けの食品が少ないことを知り、出産を経験した母親や産婦人科、管理栄養士らの意見を収集し、妊娠中の摂取栄養推奨量を補える「マタニティスープ」を商品化した。
 葉酸、鉄分、カルシウム、ビタミン、食物繊維などを補給できる一方、カロリーや塩分は控え目に設定、化学調味料や合成着色料などは不使用。味は・・・続きはこちらから

続きを読む場合はログインしてください。

ログインの詳細についてはこちらから

会員ログイン

ページトップへ戻る