児童養護施設をリニューアル【希望館】

2018年10月26日 10:00 AM

リニューアルした施設外観


 社会福祉法人希望館(高崎市江木町、松澤斉理事長)の運営する児童養護施設「希望館」(高崎市大橋町、水野順一施設長)が、このほどリニューアルした。より一般の家庭に近い雰囲気となり、3歳から18歳までの28人が生活している。 
 同施設の開所は1948年。当時は「大舎制」という風呂、トイレ、台所、食堂などは共同の形態で、管理しやすい半面、プライバシーが守られにくく、家庭的な雰囲気も出しづらかった。
 今回、・・・続きはこちらから

続きを読む場合はログインしてください。

ログインの詳細についてはこちらから

会員ログイン

ページトップへ戻る