リノベーション事業を本格スタート【一条工務店群馬】

2018年10月18日 9:00 AM

移動式床暖房を体験中の様子


 一条工務店群馬(前橋市総社町植野、藤生武久社長)は、本部テクニカルセンター(伊勢崎市西野町)を拠点とし、10月からリノベーション事業を本格スタートした。既存住宅にフィルム式の床暖房を施工するもので、工期の短さなどが特徴。自宅で床暖房を体感できる専用のキットも用意した。
 同社ではこれまでもリフォームを手掛けていたが、あくまで顧客のアフターケアの一環という位置付けで、広く一般に向けては行っていなかった。だが、新築完成後の床暖房に対する評価の高さから、新築以外にも快適さを広く提供できないかと考えていた。
 ただし、従来のヒートポンプ式の床暖房では、・・・続きはこちらから

続きを読む場合はログインしてください。

ログインの詳細についてはこちらから

会員ログイン

ページトップへ戻る