徘徊防止用見守りロボット開発【フューチャーアンドスペース】

2018年10月12日 3:00 PM

見守りロボット「みらいちゃん」


 建設業を展開するフューチャーアンドスペース(桐生市相生町、田村明美社長)と群馬大学大学院理工学府は、高齢者介護施設向けの深夜徘徊(はいかい)防止用見守りロボットを共同で開発した。同社の関連会社が運営する介護施設「みらい」(桐生市相生町)で試験運用を行い11月の販売開始に向けデータ収集など最終チェックを行っている。・・・続きはこちらから

続きを読む場合はログインしてください。

ログインの詳細についてはこちらから

会員ログイン

ページトップへ戻る