「火縄銃遺伝子」

2018年9月13日 9:00 AM


 日本に鉄砲が伝来したのは1542年のこと。ポルトガル船が種子島に漂着、その船に2丁の火縄銃があった。二人のポルトガル商人は、種子島領主の前で火縄銃の実演をしてみせた。今でいう商品のプレゼンだ。
 今まで飛び道具といえば、弓矢や吹き矢ぐらいしか知らない日本サイドは、火薬を使い遠くの標的を粉砕するその武器に驚愕した。これを手にすれば、戦の勝利は確実だと考えた領主は、・・・続きはこちらから

続きを読む場合はログインしてください。

ログインの詳細についてはこちらから

会員ログイン

ページトップへ戻る