小さな村をイメージした雑貨・菓子店【ATELIER JAMCOVER】

2018年9月8日 9:00 AM

かわいらしいパッケージの商品がディスプレイされたおやつ棟

 ATELIER JAMCOVER(高崎市下室田町、オザワリエ代表)が、17年秋にオープンした「JAMCOVER VILLAGE」(同所)が好評だ。珍しい雑貨やオリジナルの洋服、菓子を販売するショップ、ギャラリーなどで構成されており、県内外から客が訪れている。
 同社は95年に雑貨店「JAMCOVER下北沢店」(東京都世田谷区)をオープン(11年に馬喰町に移転)。08年に同高崎店(高崎市八幡町)を出店したが、2店舗を統合し、オザワ代表の地元である下室田町に移転オープンした。
 オザワ代表は同店の経営のほか、雑誌でおやつに関するコラムの連載や書籍の出版、ライセンスブランド「petit jam」の子供服展開、菓子店のコンサルティングなど、幅広い分野で活躍している。
 「JAMCOVER VILLAGE」は、・・・続きはこちらから

続きを読む場合はログインしてください。

ログインの詳細についてはこちらから

会員ログイン

ページトップへ戻る