弁当の新ブランド相次ぎ投入【かつみ工房】

2018年9月7日 9:00 AM

慶事向けの弁当「なかじま」

 仕出し弁当の製造販売を手掛ける、かつみ工房(高崎市緑町、中島大輔社長)は、新たに和食の仕出し弁当ブランド「なかじま」と、高齢者配食のブランド「はしな」を立ち上げた。このうち、「なかじま」では、既存の弁当に比べ価格帯を高めに設定し、法人の接待や会議、研修などの需要を見込んでいる。一方、「はしな」は前橋市と高崎市の高齢者配食サービスとして展開している。
 同社は洋食レストラン「シャクナゲ」(高崎市上並榎町)がプロデュースする弁当製造会社として、・・・続きはこちらから

続きを読む場合はログインしてください。

ログインの詳細についてはこちらから

会員ログイン

ページトップへ戻る