9月、新工場の稼働開始【栗食】

2018年8月8日 9:00 AM

伊勢崎宮郷工業団地内の新工場

 食肉加工処理、食肉卸売の栗食(伊勢崎市茂呂町、栗原きくの社長)は9月、県が分譲する伊勢崎宮郷工業団地内で建設を進めてきた新工場を稼働する。延べ床面積は約8600平方メートルで、HACCP(ハサップ)に準じた衛生管理を行うとともに、機械による自動化などで、加工能力は従来の2倍強となる見込み。・・・続きはこちら

続きを読む場合はログインしてください。

ログインの詳細についてはこちらから

会員ログイン

ページトップへ戻る