幅広うどんの計量を効率化【花山うどん】

2018年6月11日 9:00 AM

人手が必要な現在の計量ライン


 花山うどん(館林市本町、橋田高明社長)は、幅広うどん「鬼ひも川」の生産能力を高める。高度化計量測定技術を用いた独自の製造ラインを構築し8月をめどに稼働を開始する。計量工程のロス、人件費の抑制、安定した供給の実現などにつなげる考え。導入後は現状と同様の人員で生産能力は2・5倍、人件費は年間・・・続きはこちらから

続きを読む場合はログインしてください。

ログインの詳細についてはこちらから

会員ログイン

ページトップへ戻る