「買い物リハビリ」で介護予防【エムダブルエス日高】

2018年6月12日 9:00 AM

「買い物支援」から「買い物リハビリへ」


 介護施設運営などを手掛けるエムダブルエス日高(高崎市日高町、北嶋史誉社長)は1日、スーパーのフレッセイ大利根店内に、デイサービス施設「予防デイトレセンター大利根」(前橋市下新田町)を開所した。前橋市の介護事業の基準緩和を受け開所したもので、買い物支援ではなく主に「買い物リハビリ」を行うことで介護予防につなげていく方針だ。
 5月31日には山本龍前橋市長ら関係者約70人が出席し、プレオープニングセレモニーを開いた。来賓が祝辞を述べたほか、北嶋社長が買い物リハビリの効果などを説明。
 北嶋社長は・・・続きはこちらから

続きを読む場合はログインしてください。

ログインの詳細についてはこちらから

会員ログイン

ページトップへ戻る