「やる気ある学生獲得へ」群馬大学大学院工学研究科長 板橋英之さん

2009年6月4日 12:00 PM

群馬大学大学院工学研究科長 板橋英之さん

 群馬大学大学院工学研究科長兼工学部長に最年少で就任した板橋英之教授。「最年少ということはあまり気にしていません。46歳というのは非常に良い年齢で、ドクターになるのが27歳、定年が65歳ですから、ちょうど真ん中なんです。管理職として、両方の意見を聞きやすいですね」と語る笑顔の中には力強さも感じさせる。
 論文などで実績を上げれば研究資金が得られた時代から、

続きを読む場合はログインしてください。

ログインの詳細についてはこちらから

会員ログイン

ページトップへ戻る