「そのまま食べられるスティック納豆」【加豆フーズ】

2018年6月5日 9:00 AM

2〜3年をかけて開発した


 納豆業界での価格競争が激化する中、加豆フーズ(みどり市笠懸町阿左美)は「そのまま食べられるスティック納豆」を商品開発し、他社との差別化を図ることで〝第2の創業〟を目指す。
 10年から学校給食、ホテル、病院、老人福祉施設など業務用納豆に注力し、現在では業務用納豆の売り上げは同社の70~80%まで成長している。しかし、価格低下圧力や競争は激化しており、加藤一行専務は・・・続きはこちらから

続きを読む場合はログインしてください。

ログインの詳細についてはこちらから

会員ログイン

ページトップへ戻る