子育ても仕事も諦めない社会へ【ento】

2018年5月21日 9:00 AM

共同代表の岩﨑さん㊧馬場さん㊨


 女性の就労が増え、30〜40歳代の労働力が顕著に落ち込む「M字カーブ」が緩やかになり、欧米型に近づいているという。
 厚生労働省の調査によると、15~64歳の生産年齢人口はこの10年で700万人以上減っているが、女性の労働力人口をみると同じ時期に約200万人増え、M字カーブの緩和に貢献したことが分かる。
 育児休業の奨励や企業主導型保育事業の推進など企業や国によるワーキングマザーをサポートするための労働環境の整備が進んだことが大きいが、働きやすさと労働の質の改善は、道半ばだ。
 「男性の思想で作ったシステムに女性が合わせるのではなく、女性が・・・続きはこちらから

続きを読む場合はログインしてください。

ログインの詳細についてはこちらから

会員ログイン

ページトップへ戻る