群馬版〝ペイパルマフィア〟を目指す【群馬大学板橋教授】

2018年4月26日 12:00 PM

群馬大学の板橋教授


 ぐんぎんビジネスサポート大賞2017で優秀賞を受賞したことから、グッドアイ(桐生市天神町)を実質的に率いる群馬大学の板橋英之教授は、「ソサイエティ5・0時代」を見据え、地域を核とした、研究者育成、起業支援、地方創生、福祉のエコシステム(生態系)確立を目指し、活動を積極化する。
 板橋教授の活動の背景には04年の国立大学の法人化に伴う国立大学法人の経営環境の悪化と日本の大学の国際的なランキング低迷への問題意識がある。
 大幅な人口減少が予想される日本において、若年人口を維持させるためには、大学が自ら国際競争力を高め、海外から留学生を取り込んいく必要があると言われている。
 しかし、・・・続きはこちらから

続きを読む場合はログインしてください。

ログインの詳細についてはこちらから

会員ログイン

ページトップへ戻る