池袋のEVバス設計・製造へ【シンクトゥギャザー】

2018年3月20日 9:00 AM

水戸岡鋭治氏がデザインを手掛けた

 電気自動車(EV)の製造・販売を手掛けるシンクトゥギャザー(桐生市相生町、宗村正弘社長)は、東京都豊島区が導入を目指している池袋駅周辺を回遊するEVバスの、設計・製造に乗り出す。19年度内の運行開始を計画している。
 同社が設計するのは、豊島区が構想する「池袋副都心移動システム」で導入されるEVバス。池袋駅東口周辺の公園や商業施設などを巡る計画で、・・・続きはこちらから

続きを読む場合はログインしてください。

ログインの詳細についてはこちらから

会員ログイン

ページトップへ戻る