胎動する群馬のジェネレーションZ【ウェブオムニバス・ザーズラック】

2018年1月18日 9:00 AM

 世界がインターネットバブルに沸く1990年代後半から2000年代初期に生まれ、幼いころからスマートフォンなどのIT機器に囲まれて育ったデジタルネイティブな世代は一般的に「ジェネレーションZ(Z世代)」と呼ばれている。こうしたZ世代にとって、起業は最終目標ではなく、目標をかなえるための単なる手段だ。創業家精神が弱いと言われている本県でも、Z世代による起業がようやく芽吹き始めている。

 ◆ウェブオムニバス
 「通学で東京と地元を毎日行き来していると、活気の差に驚きます」と語るのは館林市に住む現役高校生で起業家の清水拓海さん。「この・・・続きはこちらから

続きを読む場合はログインしてください。

ログインの詳細についてはこちらから

会員ログイン

ページトップへ戻る