安全運転支援機能を強化【ワーテックス】

2017年12月27日 9:00 AM

「XLDR−L2」(右)の後継機の「XLDR−ADAS」(左)

 ドライブレコーダーや衝突警報装置等の開発・製造・販売を行うワーテックス(太田市強戸町、安俊典社長)はこのほど、ドライブレコーダー「XLDR−ADAS」を発売した。安全な運転をサポートするADAS(安全運転支援機能)や駐車中の長時間録画などの機能を搭載したもので、初年度・・・続きはこちらから

続きを読む場合はログインしてください。

ログインの詳細についてはこちらから

会員ログイン

ページトップへ戻る