「本県を災害対策の一大拠点に」【クレド】

2017年12月8日 9:00 AM

特許をベースとしたパーティション

 生産管理システムの開発やIoTビジネスなどを手掛けるクレド(前橋市問屋町、岡庭郁夫社長)は、藤田ビジネスプロモーター(前橋市問屋町、藤田隆社長)などと共同で、災害対策ビジネスに乗り出す。地震などの災害時に支援物資を段ボールなどでパッケージ化し避難所へ送り、組み合わせることで、収納可能なパーティション(間仕切り)とするもの。プライバシー確保などが狙い。国が国土強靭化計画を推進する中、クレドでは・・・続きはこちらから

続きを読む場合はログインしてください。

ログインの詳細についてはこちらから

会員ログイン

ページトップへ戻る