ラバーポールの発光誘導灯を開発【グラティア】

2017年11月27日 9:00 AM

既存のラバーポールに取り付けが可能

 金型の設計・製作を手掛けるグラティア(北群馬郡吉岡町大久保、中島隆幸社長)は、昨年8月に既存のラバーポールにも施工が可能な「発光誘導灯~ピカルン~」を開発。事故防止につながるものとして県に採用され、高崎・前橋地区の20カ所に計200個が設置された。今年2月には・・・続きはこちらから

続きを読む場合はログインしてください。

ログインの詳細についてはこちらから

会員ログイン

ページトップへ戻る