ダニアレルゲン吸着肌着を開発【アート】

2010年3月11日 4:16 AM

カテキンによるカチオン化を施した肌着の試作品

 県繊維工業試験場(桐生市相生町、布施久康場長)は、染色加工のアート(桐生市相生町、伊藤久夫社長)と共同で、皮膚炎の原因の一つであるダニアレルゲンを吸着する機能を付与した肌着を開発した。キトサンを使って繊維をカチオン化する技術を利用して開発したもので、現在、実証実験や洗濯耐性試験に取り組んでおり、早期の商品化を目指す。

続きを読む場合はログインしてください。

ログインの詳細についてはこちらから

会員ログイン

ページトップへ戻る