高崎駅前に新ランドマーク【OPA】

2017年9月14日 9:00 AM

高崎駅とペデストリアンデッキで直結する(イメージ)

 イオングループで都市型商業施設を手掛けるOPA(千葉市美浜区、奥田晴彦社長)は、JR高崎駅西口の高崎ビブレ跡地で建設を進めてきた北関東エリア最大級のファッションビル「高崎オーパ」(高崎市八島町、山岡浩館長)を、10月13日にオープンすると発表した。併せて施設概要も明らかにした。売り場面積は高崎ビブレの1・5倍の約2万6000平方メートル。県内初出店72店舗を含む約160の専門店テナントで構成し、高崎駅前の新ランドマークを目指していく。年間の来場見込みは800万人。
 高崎市内のホテルで開いた記者会見には、・・・続きはこちらから

続きを読む場合はログインしてください。

ログインの詳細についてはこちらから

会員ログイン

ページトップへ戻る