一意専心

2017年7月6日 9:00 AM

 惜しくも公式戦30連勝はならなかったもののデビュー以来、公式戦無敗を続けて前人未到の大記録を打ち立てた将棋の最年少棋士、藤井聡太四段(14)は見事というしかない。驚かされるのは実力だけでなく、落ち着いた物腰や話し方だ。
 竜王戦本戦2回戦で佐々木勇気五段と対局し、投了する前にジャケットを羽織り、喉を潤していた。記者会見を見据えたものらしく、ベテラン棋士でも、なかなかできる所作ではないと聞く。
 明かりをともして本を読んでいると、・・・続きはこちらから

続きを読む場合はログインしてください。

ログインの詳細についてはこちらから

会員ログイン

ページトップへ戻る