コンセプトアパート展開 【渋沢テクノ建設】

2017年5月26日 9:00 AM

新商品の「ガレージハウス」外観


 賃貸住宅や商業店舗、住宅建設、リフォーム工事などを手掛ける渋沢テクノ建設(前橋市元総社町、渋澤優一郎社長)は、コンセプトアパートの分野を強化する。その一環として、ガレージハウスが付いた新商品物件を発売。駐車場として使うだけではなく、さまざまなライフスタイルに合わせて、自由に使うことができる。住む人の心を豊かにする、しゃれたデザインと住み心地にごたわっている。26日、27日、28日に前橋市元総社町1329−1で完成見学会を開く。多目的に使えるコンセプトを絞った新しい賃貸スタイルの発信に努めていく。「マイカー王国の本県にとって、こうした住居はニーズがある。今回は車好きにターゲットを絞った。趣味の空間を有効的に使ってもらいたい」(渋澤社長)。地主や相続で土地を受け継いだ人、投資家向けに
公開し、差別化した賃貸住宅で経営が長期安定するようサポートしていく。   

続きを読む場合はログインしてください。

ログインの詳細についてはこちらから

会員ログイン

ページトップへ戻る