介護人材を育成 【介護人材育成プロジェクト】

2017年5月2日 9:00 AM

研修を行う笛木代表


 介護人材育成プロジェクト「てとて」(笛木俊一代表)は19日、第1回研修会を、高崎市総合福祉センターで開き、介護施設経営者など約20人が参加した。
 同プロジェクトは、介護に携わる人々の横のつながりと、介護力・経営力の向上を目的としてスタート。笛木代表は日本福祉大学名誉教授で、離職後の14年、出身地である高崎市新町に、教職員時代の経験やノウハウを生かし「ゆうあいホーム」を開設した。 
 施設運営をする中で、「介護の仕事に従事する人たちの

続きを読む場合はログインしてください。

ログインの詳細についてはこちらから

会員ログイン

ページトップへ戻る