弁護士の敷居を低く 群馬弁護士会会長 釘島伸博さん

2017年4月13日 12:00 PM

17年度群馬弁護士会の会長に就任した。「弁護士はここ10年で人数が倍増している。仕事が待っていれば来る時代ではない。若手が食べていくのも大変。弁護士という敷居を低くし、外部からのアクセスを良くすることが必要」と新会長としての抱負を語る。
 山口県下関市出身。高校はほぼ全員が大学受験する地元の進学校だったが、70年安保直前の時代の空気にも背中を押され、「自分が生まれてきた意味を知りたい」と、卒業後は単身インドに渡った。ヨガ道場を遍歴し、スリランカの山寺では仏教修行も行った。

続きを読む場合はログインしてください。

ログインの詳細についてはこちらから

会員ログイン

ページトップへ戻る