成果上げた多文化共生推進事業 【あかぎワールドコミュニティ】

2017年3月31日 9:00 AM

 

赤城の地で言葉を越えた交流が行われた

青少年の多文化交流教育を通じ、夢を描くフィールド提供と国際化社会への足掛かりとしてのワールドキャンプを運営する「あかぎワールドコミュニティ」(前橋市荒牧町、長坂雅紀代表理事)は、今年3月で活動をいったん総括。活動の集大成となったのが昨年8月に行ったワールドキャンプで、日本・ブラジル・韓国・ベトナム・インドネシア・中国など世界6カ国から約100人が参加した。今後はこれまでの実績や経験を生かし、新たな活動を展開していく予定だ。

続きを読む場合はログインしてください。

ログインの詳細についてはこちらから

会員ログイン

ページトップへ戻る