携帯型リチウムイオンバッテリーを展開【ユニス】

2017年3月15日 9:00 AM

携帯型リチウムイオンバッテリー「BPS250J」

 ソフトウエア開発、タッチパネル製造・販売を手掛ける、ユニス(伊勢崎市八寸町、玉野井惣治社長)は、国産携帯型リチウムイオンバッテリー「BPS250J」を展開している。
簡易に携行・使用できるポータブル電源として開発されたもので、ソーラーパネルからも充電でき、災害時や長時間停電の予備電源にも適している。

続きを読む場合はログインしてください。

ログインの詳細についてはこちらから

会員ログイン

ページトップへ戻る