布製キャットハウスを商品化【bit capsule】

2017年3月8日 9:00 AM

 

布製キャットハウス「ピーナッツ」

bit capsule(桐生市本町、石原則和社長)が販売するキャットハウスが、愛猫家から人気を集めている。市内の業者とコラボレーションし、桐生の織物、縫製の技術を生かして商品化した。
 同社は石原社長が代表を務めるIT関連企業のアイ・エス・プライムの別会社として設立。「MITOREL」のブランドで、16年9月から布製キャットハウスを販売している。 「記事の続き」

続きを読む場合はログインしてください。

ログインの詳細についてはこちらから

会員ログイン

ページトップへ戻る