レアメタル回収が好評【エコ・マテリアル】

2009年7月2日 6:23 AM

同社の工場内、手前に積まれているのがフラットパネルディスプレイなどに使用されている大型電極

 産業界から排出される金属スクラップや電子部品などからレアメタルを回収するエコ・マテリアル(高崎市中室田町、中澤孝二社長)が好評だ。昨年4月に設立したばかりの新会社だが、独自技術によるスパッタリングターゲットからのインジウムの剥(はく)離・精錬などで実績を上げてきており、引き合いを増やしている。また、携帯電話のバッテリーをはじめとしたリチウムイオン電池からのコバルト、銅箔回収なども計画しており、あらゆる業界でレアメタル需要が高まるなか脚光を浴びそうだ。

続きを読む場合はログインしてください。

ログインの詳細についてはこちらから

会員ログイン

ページトップへ戻る