SI事業でロボット普及【サンシステム】

2017年2月20日 9:00 AM

SIを行う双腕スカラロボットduAro(デュアロ)

 産業用ロボット開発などを手掛けるサンシステム(高崎市上豊岡町、五十嵐豊社長)は、SI(システムインテグレーシヨン)事業が好調だ。16年、川崎重工業(東京都港区)とテクニカルパートナー契約を締結、同社の双腕スカラロボット「duAro(デュアロ)」の組み立て、設置から顧客の作業・環境に合わせた導入、運用、保守までを一貫して構築している。
 デュアロは、柵などで囲う必要がなく、人と協働できる水平多関節ロボット。人ひとり分のスペースに設置できるため、ロボットのためのライン変更も必要なく、多様なオプションを持つため、容易に導入できる。

続きを読む場合はログインしてください。

ログインの詳細についてはこちらから

会員ログイン

ページトップへ戻る