リアルパーツ製作で起業【エピテみやび】

2017年2月19日 9:00 AM

100%シリコン素材で人工ボディーなどをつくる

 リアルパーツを製作する「エピテみやび」(甘楽郡甘楽町善慶寺、田村雅美代表)がこのほど設立した。事故や病気などで体の一部を失くした人の人工ボディーをつくるもので、完全オーダーメード。いつでも取り外しが可能で、着けた状態で水や湯に漬けることもできる。「外科的な手術の必要もないので、利用者のライフスタイルに合わせて使うことができる。前向きな生活を歩めるようサポートしていきたい」(田村代表)。本物にそっくりなカイコのほか、アクセサリー類も手掛け話題を発信していく。

続きを読む場合はログインしてください。

ログインの詳細についてはこちらから

会員ログイン

ページトップへ戻る