温泉とキャンプ融合の宿泊施設【つるや】

2017年2月2日 8:59 AM

ドーム型テントでバーベキューを楽しめる(イメージ)

 四万温泉の「鹿覗キセキノ湯つるや」(法人名SRK、吾妻郡中之条町四万、関良則社長)は今春、温泉とキャンプを組み合わせた宿泊施設を四万温泉内にオープンする。取得した旅館跡地に露天風呂付きの独立型宿泊棟やカフェ棟を建設、地元の食材を使ったバーベキューなどを提供する。大自然の中で「グランピング」(グラマラスとキャンピングの造語)を楽しむことができる施設で、名称は「おんせんキャンプShimaBlue(四万ブルー)」(中之条町四万)。同社では新たな宿泊施設の形態として認知度を高めていきたい考えで、主に首都圏の女性やカップル、訪日外国人観光客をターゲットとして想定している。

続きを読む場合はログインしてください。

ログインの詳細についてはこちらから

会員ログイン

ページトップへ戻る