教材車にレクサス6台導入【群馬自動 車大学校】

2016年12月11日 8:59 AM

「レクサス RC200t」。納車日に学生の注目を集めた

「レクサス RC200t」。納車日に学生の注目を集めた

 学校法人小倉学園の群馬自動車大学校(伊勢崎市赤堀今井町、小倉基宏校長)はこのほど、教材車としてトヨタ自動車の高級車ブランド「LEXUS(レクサス)」を6台導入した。全国の自動車整備士を養成する学校では珍しいケースで、車両はすべて新車。学生の学習意欲の向上などを目的にしており、各種イベントやオープンキャンパスなどにも有効活用し、話題を発信していく。「さまざまなメーカーの車種を用意し、さらに、授業では学生2人に1台という体制も構築できる」(同校)としている。 

続きを読む場合はログインしてください。

ログインの詳細についてはこちらから

会員ログイン

ページトップへ戻る