「るなぱあく」にオリジナルコンテナ【TSUTSUMI】

2016年12月9日 8:59 AM

12フィート1台、20フィート1台のコンテナを連結させた

12フィート1台、20フィート1台のコンテナを連結させた

 住宅リフォームなどのTSUTSUMI(前橋市日吉町、堤広之社長)は、3日に前橋市中央児童遊園(るなぱあく)にオープンしたカフェスペースの施工を手掛けた。自社開発のコンテナを採用。同社と同施設運営のオリエンタル群馬、双和電業、FUJISAWA、前橋園芸、ろけっと開発による「M・Mproject」(Made in MAEBASHI project)の一環。「地域の人たちが喜んで使ってもらえればうれしい。コンテナハウスの新しい使い方も知ってもらう機会になる」(堤社長)。県外からは、すでに幅広い用途に使うコンテナの引き合いが増えており、引き続き需要拡大に努めていく。 

続きを読む場合はログインしてください。

ログインの詳細についてはこちらから

会員ログイン

ページトップへ戻る