既存店の改装相次ぎ実施【文真堂書店】

2016年11月25日 11:59 AM

リニューアルした「文真堂書店タイムクリップゲオ倉賀野店」

リニューアルした「文真堂書店タイムクリップゲオ倉賀野店」

 県内を中心に複合書店を多店舗展開する文真堂書店(高崎市井野町、石川二三久社長)は、既存店の改装を相次ぎ行っている。経営悪化に伴い、今年3月1日に出版取次大手、トーハン(東京都)の100%子会社となり進めている、再生計画の一環で、看板や外観、内装などのほか、DVDレンタルの営業店舗は、業界最大手、ゲオ(名古屋市)のシステムを導入、「文真堂書店ゲオ」の店名で再スタートしている。今後、新規出店についても検討していく。

続きを読む場合はログインしてください。

ログインの詳細についてはこちらから

会員ログイン

ページトップへ戻る