モンゴル初の太陽光発電【ファームドゥ】

2016年11月24日 8:59 AM

モンゴル初の太陽光発電事業を手掛ける岩井社長

モンゴル初の太陽光発電事業を手掛ける岩井社長

 農産物直売所などを手掛けるファームドゥ(前橋市問屋町、岩井雅之社長)は国際協力銀行(JBIC)と東和銀行(吉永國光頭取)から13億円の融資(第2期分)を受け、モンゴル初となる太陽光発電事業を始める。17年1月に第1期の商業運転を開始、7月までに12・7㍋㍗の太陽光発電所が稼働する。また、同社が開発した営農型発電設備を敷設。18年に農業施設を完成させ19年から本格的に野菜栽培を始める。

続きを読む場合はログインしてください。

ログインの詳細についてはこちらから

会員ログイン

ページトップへ戻る