「レトルトおでんシリーズ」 製造販売最盛期【アイエー・フーズ】

2016年11月6日 8:59 AM

しっかりと煮込んだ本格派を打ち出している

しっかりと煮込んだ本格派を打ち出している

 食品製造業のアイエー・フーズ(富岡市南蛇井、吉田さゆり社長)は、鍋シーズンの到来に伴い、「レトルトおでんシリーズ」の製造販売が最盛期を迎えている。10年以上前から、おでんを手掛けており、レトルトおでんの製造販売分野では、全国トップレベルに成長。1人前から大容量までニーズに合わせた商品をラインアップしている。「手軽に食べることができ、さらに、しっかりと煮込んだ本格派」(同社)。関連商品の「具材が入ったおでんつゆ」などの提案にも力を入れていく。

続きを読む場合はログインしてください。

ログインの詳細についてはこちらから

会員ログイン

ページトップへ戻る