ALSOKぐんま総合スポーツセンター 宿泊棟に新店舗【かつみ工房】

2016年10月30日 8:59 AM

宿泊客と一般客のスペースを分け、セルフサービスの食堂となる

宿泊客と一般客のスペースを分け、セルフサービスの食堂となる

 弁当製造販売の「かつみ工房」(高崎市上並榎町、中島大輔社長)は11月1日、ALSOKぐんま総合スポーツセンター(前橋市関根町)の宿泊棟に新店舗をオープンする。デリバリー専門の同社にとっては初の試み。ワンコイン(500円)からの食事を提供し、宿泊客のほか一般客も取り込んでいく。「店舗を構えることで、『かつみ工房』の弁当を発信するきっかけになる。さまざまな企画を考えつつ、手作りの良さを伝えていきたい」(中島社長)。将来的には栄養士を採用するなど、安心安全を追求。幅広い分野に参入していく予定。

続きを読む場合はログインしてください。

ログインの詳細についてはこちらから

会員ログイン

ページトップへ戻る