EVバイク用のモーターを開発【小野塚精機】

2016年10月3日 8:59 AM

クランクケースが不要となったEV化したスーパーカブ

クランクケースが不要となったEV化したスーパーカブ

 精米機関連設備の設計・施工を手掛ける小野塚精機(高崎市北原町、柳原健也社長)は、EVバイクコンバートモーターを開発した。ホンダ「スーパーカブ」のエンジンの代わりに載せるモーターキットで、早ければ年内にテスト販売を始めたいとしている。

続きを読む場合はログインしてください。

ログインの詳細についてはこちらから

会員ログイン

ページトップへ戻る