5億投じ、藤岡東平井工業団地に進出【サカエ】

2016年9月25日 8:59 AM

発売した「極美 Kiwami」シリーズ

発売した「極美 Kiwami」シリーズ

 藤岡市鬼石に生産拠点を構えるサカエ(東京都港区新橋、松本弘一社長)は今年度中をめどに、5億円を投じ、藤岡市内の東平井工業団地に進出する。医用・シュレッダー部門の充実を図ることが目的で、販売が好調な世界最小の細断シュレッダーの生産体制を強化。同商品は細断の高速化や、くず箱のレール機能、ソフトクローズなど利用者目線にこだわっている。シリーズ商品のフラッグシップモデルと位置付け、マイナンバー対策など企業・個人情報の漏えいを未然に防止していく。「復元できない状態が可能になった。顧客同士の友好関係が末永く続くよう、安心で安全なシュレッダーを引き続き投入していきたい」(同社)としている。

続きを読む場合はログインしてください。

ログインの詳細についてはこちらから

会員ログイン

ページトップへ戻る