超極細ダイヤモンドドリル加工機械を開発【三友精機】

2016年9月19日 8:59 AM

加工した0・13㍉のPCDドリル

加工した0・13㍉のPCDドリル

 部品加工や装置開発を手掛ける三友精機(高崎市吉井町小串、宮崎喜一社長)は、0・3㍉以下の超極細PCD(多結晶ダイヤモンド)ドリルを製作する回転電極放電加工機を開発、販売に乗り出した。国内外の工具メーカーを中心に営業を始める予定だ。

続きを読む場合はログインしてください。

ログインの詳細についてはこちらから

会員ログイン

ページトップへ戻る