板倉町の新工場が稼働【東都フォルダー工業】

2016年9月12日 8:59 AM

板倉ニュータウン産業用地内に開設した板倉工場の外観

板倉ニュータウン産業用地内に開設した板倉工場の外観

 リネン処理システムの開発・製造を手掛ける東都フォルダー工業(埼玉県川口市、前嶋洋左右社長)はこのほど、板倉ニュータウン産業用地内に板倉工場(邑楽郡板倉町泉野、前嶋壮一工場長)を開設・稼働した。リネンサプライサービスに用いるフォルダー(折り畳み機)などを製造する拠点で、床面積は約3100平方㍍。

続きを読む場合はログインしてください。

ログインの詳細についてはこちらから

会員ログイン

ページトップへ戻る