厨房、食品工場からの引き合い増加【タナカペインティング】

2016年8月19日 8:59 AM

ひび割れ、油の染み込み、凹凸、既存塗膜の劣化などに対応

ひび割れ、油の染み込み、凹凸、既存塗膜の劣化などに対応

 コンクリート床の塗装を手掛けるタナカペインティング(前橋市樋越町、田中幸夫社長)では、店舗やホテルなどの厨(ちゅう)房のほか、食品工場の塗り床改修工事の引き合いが増えている。水系硬質ウレタンを採用しており、低臭や耐熱水、耐衝撃性などに優れている点が強み。「床塗装専業の認知度が高まっている。完成度の高い仕上がりによって、長い取り引きが発生し、さらに紹介にもつながっている」(田中社長)としている。

続きを読む場合はログインしてください。

ログインの詳細についてはこちらから

会員ログイン

ページトップへ戻る