榛名神社周辺「地場の魅力」発信拠点開設

2016年8月18日 8:59 AM

飲食スペースが整っている店内

飲食スペースが整っている店内

 アパレルメーカーのデイリーディレクションズ(高崎市新保町)と、イタリアンレストラン「Pizzeria barかぶら屋 葡呑」(前橋市古市町、関口準士代表)がコラボレーションし、榛名神社の周辺に地場の魅力を全国に発信する拠点「kaf’e haruna」(高崎市榛名山町)を開設した。オリジナル地域ブランド「クウ・コト・モノ」を中心としたオール群馬と位置付け、県内事業者や企業、生産者と協働の店づくりを掲げていく。「群馬の資源をフルに生かし、新ブランドも投入していきたい」(関口代表)。順次、仲間を募っていく考え。

続きを読む場合はログインしてください。

ログインの詳細についてはこちらから

会員ログイン

ページトップへ戻る