勤務医負担軽減に事務補助

2009年7月23日 1:07 AM

外来診療に立ち会う医療秘書(沼田脳神経外科循環器科)

 病院勤務医の不足と過重労働が大きな社会問題となる中、書類作成などの事務作業を事務職員が代わって行うことで、医師の負担を軽減する「医師事務作業補助体制加算」が、08年4月の診療報酬改定で導入された。病床数に基づく専従者の配置、業務マニュアル整備などの施設基準をクリアすると、同加算が認められる。

続きを読む場合はログインしてください。

ログインの詳細についてはこちらから

会員ログイン

ページトップへ戻る