罪と罰

2016年8月11日 8:59 AM

ぐんけい録 高1の夏休みに「罪と罰」を読んだ。
 薄紫色のカバーにドストエフスキーの肖像が描かれている分厚い上下巻の文庫本だったが「読後に人生観が変わる」という触れ込みを信じて夜を日に継いだ。

続きを読む場合はログインしてください。

ログインの詳細についてはこちらから

会員ログイン

ページトップへ戻る