高齢者の見守りシステム【アイティーエム】

2016年8月8日 8:59 AM

「ほっとコール」(左)と「いくどめくん」を装着した靴(右)

「ほっとコール」(左)と「いくどめくん」を装着した靴(右)

 IT関連会社のアイティーエム(高崎市下之城町、細谷勤社長)は、IT技術を活用した単身高齢者などの見守りシステムを、高崎市などの自治体向けに展開している。
 同社は、13年12月から高崎市の「高齢者等あんしん見守りシステム」事業を受託、現在、市内在住の単身高齢者、約1万3000世帯のうち、約2600世帯へ、高崎市の公費負担で「24時間携帯型安否確認システム」と「ほっとコールシステム」を提供している。

続きを読む場合はログインしてください。

ログインの詳細についてはこちらから

会員ログイン

ページトップへ戻る